三鷹市でとりつけるなら

現在のところ、太陽光発電を設置すると国から補助金が出ることになっていますが、都道府県や地方自治体では補助金が出るところもあれば出ないところもあって、それぞれの懐事情によるところが大きいようです。
けれど、これから先、原子力発電でのエネルギー確保の道筋が立っていないこともあって、各家庭における太陽光発電システムのありなしは、エネルギー政策にじわじわと影響を与えてくるのではないかという気がします。
都道府県単位で見てみると、東京都はさすがに日本の首都だけあって、もちろん補助金制度が作られていますし、補助される金額もかなり高めです。
いつか東京を見舞うと言われている首都直下型地震が起こった場合、電力の多くは都市機能回復のために使われるでしょうから、それぞれの家にまで通るのはなかなかかもしれません。
そんなときに各家庭が太陽光発電を取りつけていてくれたら、政府としても不幸中の幸いと考えられるでしょう。
そんなこともあって、東京都としては補助金を高めに設定しているのかもしれません。
三鷹市に関して言えば、平成24年度の太陽光発電に関する補助金の受付は終了しています。
昨年の8月には予定件数に達したためだそうで、三鷹市で太陽光発電をとりつけるには早い者勝ちといえます。
考えてみれば、太陽光発電がその性能を発揮し始めるのは春先からですから、三鷹市においてはそれを見越して早いうちから設置を検討し、新年度の補助金獲得の申し込みを始めるのがよさそうです。