母親が遠慮せずに生活出来る環境を目指して

太陽光発電に興味を持っているが、いまいち導入まで踏み切れないという方は、
電気代が節約出来るという理由だけでなく、
太陽光発電が家族の為になるという事を考えれば導入に踏み切れる事と思います。
特に親孝行をしたいという方に太陽光発電の導入は非常におすすめです。
私は今まで一人暮らしだったのですが、母親と一緒に住む事になったのをきっかけに、
自宅に太陽光発電を導入した事によって大きな親孝行が出来たと思っています。
私が母親と暮らす事になったのは本当に急に決まった事でした。
母親は私の実家で父親と二人で仲良く暮らしていたのですが、
ある日突然父親が交通事故で亡くなってしまい、実家に母親が一人で暮らすことになってしまったのです。
年老いた母親が一人で暮らしているという事も心配ですし、
このままでは母親も寂しい暮らしを続ける事になってしまうだろうと不安になってしまいました。
そこで母親に墨田区にある私の自宅で一緒に生活しないかと誘ってみたところ、
最初は様々な理由で遠慮されてしまいました。
私の母親はとにかく何でも遠慮する人であり、私の負担になりそうな事を極端に嫌うのです。
自分の荷物で自宅のスペースを取ってしまうのも悪いと遠慮しますし、
女性を自宅に呼び辛くなってしまうのではないかと遠慮したりもしました。
そんな遠慮は良いから心配はかけないでほしいと説得して、
何とか自宅で一緒に生活する事が出来る様になったのですが、
問題になったのが母親がエアコンを使う電気代すら遠慮するという事でした。
夏場になってもろくにエアコンもかけずに過ごしている母親を見て、
そこまで遠慮するなら、母親が遠慮しなくても快適に過ごせる環境を作ってあげようと思ったのです。
そこで良い方法として思い付いたのが太陽光発電を自宅に導入する事でした。
太陽光発電を導入すると聞いた時は母親も驚いていましたが、
遠慮しないで生活してほしいという気持ちが届いてくれたのか、
太陽光発電の御陰で今は母親も快適な生活を送れています。