比較的安全な太陽光発電

今の日本は安全な電力を必要としていますから、太陽光発電はその候補としては筆頭といってもいいかもしれません。
なにしろエネルギー源はふだんだれもがお世話になっている太陽の光だからです。
もちろん太陽光発電にリスクがないというわけではありません。
プラントといわれるような大規模発電設備ともなれば膨大な電力が供給できるわけですから、それだけ危険度は大きくなります。
しかし、エネルギー源が原子力といったようなものよりは格段に安全性は高いといえますし、火力や水力といったようなものよりも安全性は高いでしょう。
太陽光発電では他の発電とちがってタービンを回して電力をえるというようなことがないのもいいところです。
そのため騒音性といったてんでもメリットがあります。
このため人がすむ住居の屋根などにも設置ができるというわけです。
風力発電などでは騒音が大きくて人が住むところには設置しにくいといったようなところがあるわけです。